ブログ検索で飛行機雲と入力し、飛行機雲の写真を見つけては、
それは『ケムトレイル』と呼ばれているものです。
コピーペーストのコメントを、記事の内容など無関心で
情報拡散している人達がいます。

自分のブログ上で文句を言えない人や、
一体何なんだろうという人もいると思います。

何か少しでも参考になればと思い、このブログを作りました。

まずは「はじめに」という記事を読んで頂ければと思います。



2010年08月12日

話にならない話


ケムトレイルが有るか無いかと言う事や
ケムトレイルについて、詳しい説明などを書くつもりはない事は
普通に文章を理解できる人なら、今までの記事を読めば
分かる事だろうと思う。

ただ、こういう気分を害するコメントの書き込みに出会った事で
ケムトレイル」という言葉を知ったのは事実だ。

彼らがどんな迷惑な事をしているのかを書こうと思ったら
ケムトレイルというものについて、
多少は触れなければ書けないので、大まかには触れている。
僕が言いたい事を言うには、大まかで十分だからだ。


ケムトレイルとは?という説明の情報すら、
今の段階では一貫したものではないという感じを
僕は受けている。

そういった、情報が交錯するという事は、
何に対してもある事だと思うので、それは仕方がない。

それを含めて、ケムトレイルに限らず、
ある物事が、真実であろうが、そうでなかろうが
信じる、信じないというのは個人の自由だし
それを伝えるのも、言動の自由なのだろう。

しかし、コメントの乱拡や、
ケムトレイルを信じていない人に対する考え方、言動
ケムトレイルが有るとか無いとか以前の、
言動の自由とか以前の問題だ。

と、いう事を言ってきたのだが、
以前もらった沢山のコメントを読んでも、
やはり、そういう事を全く理解していない事がわかった。


コメントが書き込まれた他のブログで、
迷惑ですと言う意思を伝えている人の意見に対しての
彼らの返答
を読んでも、
ただ、彼らのやり方が迷惑だ。という単純な内容を、
ケムトレイル批判だ。とすり替えてしまっているか、
無視している事が多い。

自分達のしている事は棚にあげ、
被害妄想をしてしまうのか。 それとも
書き込みの仕方が迷惑だという
こんな簡単な事が理解出来ていないのか

どちらにしても、話にはならない。


続きを読む

2010年07月08日

コメントでのやり取りを終えて


僕のブログについて、ケムトレイル気象操作掲示板の人から
コメントを沢山もらいました。

最初は、コメントの返答だけでいいと思っていました。

でも、今までの中で、そして今回頂いたコメントを読んで
やっぱり彼らが言う、僕を含む[一般人]に対して、
「間違っている」と感じ、根本的に「軽視している」んだな。
と受け取りました。

ここを読んだ、僕が「彼ら」とくくった人達。 あるいは
それと同じ考えで活動をしようとしている方。 に向けて、
僕が言いたい事を書こうと思います。

今までに僕が書いた記事や、
コメント返事の内容と重なる所もあるかもと思いますが、
「思った事カテゴリ」として記事にしました。



【始めに】

まず、僕が[ケムトレイル批判]をしていて、
その仲間を集めようとしている。と勘違いしているようです。

だから、無いなら無いという根拠をきちんと言え。と憤慨して、
ケムトレイル情報や、参考リンクを貼ってくれたのでしょうが、
まったくもって、主旨違いです。



僕は、ケムトレイルについては、
来る時が来れば、皆が知る事になるだろうと思っています。

これから問題になることはまず間違いないでしょう。」と
quasimotoさんが言っていたように、

それを見聞きした人が、信じる信じないに関わらず
[ケムトレイル]と言う言葉は広まるだろう思う。と言う事です。

拡散のコメントでも言っているように
今は報道出来ない事も、そのうちに報道できるようになるだろう。
と思っているという事です。

言わなくても、そう考えている人もいると思います。


少なくとも僕個人が、
人間に有害な物質を撒いているというケムトレイルというものが
本当なのか、そうでないのか。
自分にとってどういうものなのか。などに
真剣に興味を持って向き合うのは、それからでいいと思っています。

ですから、僕はまだ肯定のスタンスで話したくありません。
どちらにも考えられる。という中間の立場で書いています。


【このブログの主旨】

タイトルの、「それはケムトレイルです。」を信じる前に読むブログ
は、信じる前に一度読んでみてくださいという、そのままの意味です。

それで、僕の記事を信じるも信じないも、
ケムトレイルを信じるも信じないも、読んだ人が決める事です。


僕もコメントで、ケムトレイルについての言葉を使いすぎてしまい、
勘違いを助長する形になったのかもしれませんが、

僕はケムトレイルの事を批判したくて調べていたのではありません

ケムトレイルはある、ない。という事を、
この場で論じようと思っているのではない。という事です。

ですから、「ケムトレイルを信じるな。」
押し付けようとする為のブログではありません


(以下、僕が彼らと言っている人を、あなたたちと書かせてもらいます。)

それから、
[あなたたち=ケムトレイルの事] ではありません。

あなたたちはあなたたち。 ケムトレイルの事はケムトレイルの事。
と、別々に判断しています。

僕が言いたいのは、[ケムトレイルの事]ではありません。

ケムトレイルに関係していない人に対する
[あなたたちの考え方と言動]の事です。

そこに、[無神経な情報拡散の方法]生まれている。
という事に対する批判です。


ですので、混同させたくないと思い、
ケムトレイルの情報はお断りします。と言いました。

僕にケムトレイルを分からせようとする
[ケムトレイルの情報に、答える主旨ではない。]との意味です。


色々と記事に書いているのは、

あなたたちが、僕の事を、
「こいつは何者なんだ」と思うのと同じように、

不愉快な思いをした人は、あなたたちの事を、
・何者なんだ。
・何で自分のブログに土足で踏み込まれなきゃならないんだ。
・何をしようとしてるんだ。

と思います。

その気持ちは、どこにぶつけていいのかわからないものです。
その不愉快を、少しでも解消してもらうために書いています。

コメントで嫌な思いをした人に向けての言葉である、
「嫌な思いをしたなら断りましょう。」「情報拡散をやめさせよう。」
ではありません。

攻撃しろ。ではなく自己防衛の方法としてです。
だから一緒に戦いましょう。ではありません。

読んでくれたらいい。そういうスタンスのブログです。


自分が出した情報は、良くも悪くも取られて仕方ないもの。
ケムトレイルの事も、色んな受けとめ方をされても仕方ありません

ネットを、情報拡散のツールとして使っているのなら尚更、
あなたたちのやり方や言動は、批判されても誤解されても仕方ないですよ。
という事です。


続きを読む

2010年07月02日

巻雲・彩雲


時々、彼らの掲示板や、HPを覗いているが
前にも増して、なんでもケムトレイルだと言っている。

見ていて、いい加減に呆れてきました。


自然にこういう雲はあるだろう。と思うものが多いと
前に書きましたが、
よく彼らは、飛行機雲は冬に出来るもの
と言っているので、また雲の事をちょっと調べてみました。

その結果、
気象条件や上空の温度によるが
飛行機雲は夏にも出来る。

そりゃそうでしょう。 今までに何人の人が
夏に飛行機雲を見たことか。という事ですよね。


それから、巻雲や、虹色の彩雲などを、
自信満々に、ケムトレイルだ。と言っているのを見ると
なんだか可哀想な気持ちさえしてくる。


色々検索していた中に、
気象図鑑の本を読んだ方のコメントがあり、それを読むと

雲の中を通った後に、雲を消してできる飛行機雲もあると分かったし、
遠くの雨すじがみえたり、雪の形のあられや、タンジェントアークとか、
彩雲という、虹のような色をしている雲があると知りました。


とあった。

図鑑に、虹のような色をしている雲があると書いてある。
実際、僕も虹のような色の雲は見ます。


それから、京都市青少年科学センターHP
理科トピックスの「雲から始める気象観察」というのがあったので
紹介しておきます。

雲から始める気象観察

こちらには雲の写真があります。

ここに、太陽、夕日、光が、様々な角度から照らして、
空の景色を飾っていくわけです。


よく彼らが見間違えていると思うのが、この写真の中の

巻雲

空にほうきやはけで描いたような雲が見られます。
他にもかぎ状や羽毛状、放射状など様々な形があります。


たぶん、この放射線状をケムトレイルと思うんでしょうね。

太陽や、月のハロ(暈・かさ)の写真も、
彼らはケムトレイルと言っていますが、これも気象条件で出来るものです。


前にも書きましたが、自分たちで撮った写真を
ケムトレイルと判断するのは勝手ですが
他人の写真を、見ただけで決め付けるのはやめて欲しいですね。

いつも僕は思います。

その場にいたわけでもないのに、
・撮った場所の、撮った時間の気象条件まで分かってるのか。

・飛行機が飛んでいた高度の温度も分かっているのか。

・飛行機が写っていない写真で、飛んでいた飛行機が、
 ケムトレイルを撒く飛行機だと分かるのか。

・撮った人が飛行機を見ていない場合
 ただの雲に見える写真を ケムトレイルとどうして分かるのか。
 あるいは、飛行機が飛んでいたと、何故分かるのか。



ケムトレイルという言葉を知り始めた人は
その雲を見た場所は、航路ではなかったか
いつもと違う気温や湿度ではなかったか。など
身近な所から確認して欲しいですね。

今はネットがありますから、まずは気象や雲の事
ちょっと検索してみることをおすすめします。

 

 

 

 

続きを読む
posted by kuu at 01:50 | Comment(32) | 思った事 巻雲・彩雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

自然現象


思った事」カテゴリは、
僕が思った事を書こうと思います。



彼らの言葉を見ていると、
〜は、「自然現象ではありえない。」
という言葉がよく出てきます。

僕から見ると、何でそれが、
自然現象ではありえないと言い切れるんだろうと思うんです。
そこがそもそも、おかしいところでもあるんですが。


彼らが言う、ケムトレイルの特徴についても

・すぐには消えない。
・広がって、風で筋のように広がっていく。
・雲が渦を巻きながら広がっていく。
・くねくねと曲がっている。
・雲が雲の陰を作る。
・太陽にハロが出来る。
・厚い雲が重なり、夕日や、日暮れ時の光を反射させたり
 プラズマが発生して、異様な光景になる。

などなど、
ケムトレイルのせいだ。とか、
自然現象ではありえない。と言っているものが
自然現象で普通にある事の方が多いんですよね。

上に挙げたものも、普通にあると思います。

飛行機雲がすぐに消えるか、長く残るかは
上空の空気が乾燥しているか、
湿気っているかによっても違いますしね。


僕はちょっと年いってますが、もちろんのこと
子供の頃から空を見てますし、
彼らが言うような雲は普通に見てきてます。

普通に自然現象でありえるでしょ・・・。
と、頭の中で突っ込みを入れながら、
自然の事を、あまり知らないんじゃないかなあと思ったりしています。

ケムトレイルのせいで、最近の空は水色か白っぽいと言うのも
今より空が煙っていた時を知らないんじゃないかな?
と思うんですよね。



続きを読む
posted by kuu at 22:47 | Comment(2) | 思った事 自然現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。