ブログ検索で飛行機雲と入力し、飛行機雲の写真を見つけては、
それは『ケムトレイル』と呼ばれているものです。
コピーペーストのコメントを、記事の内容など無関心で
情報拡散している人達がいます。

自分のブログ上で文句を言えない人や、
一体何なんだろうという人もいると思います。

何か少しでも参考になればと思い、このブログを作りました。

まずは「はじめに」という記事を読んで頂ければと思います。



2010年08月12日

話にならない話


ケムトレイルが有るか無いかと言う事や
ケムトレイルについて、詳しい説明などを書くつもりはない事は
普通に文章を理解できる人なら、今までの記事を読めば
分かる事だろうと思う。

ただ、こういう気分を害するコメントの書き込みに出会った事で
ケムトレイル」という言葉を知ったのは事実だ。

彼らがどんな迷惑な事をしているのかを書こうと思ったら
ケムトレイルというものについて、
多少は触れなければ書けないので、大まかには触れている。
僕が言いたい事を言うには、大まかで十分だからだ。


ケムトレイルとは?という説明の情報すら、
今の段階では一貫したものではないという感じを
僕は受けている。

そういった、情報が交錯するという事は、
何に対してもある事だと思うので、それは仕方がない。

それを含めて、ケムトレイルに限らず、
ある物事が、真実であろうが、そうでなかろうが
信じる、信じないというのは個人の自由だし
それを伝えるのも、言動の自由なのだろう。

しかし、コメントの乱拡や、
ケムトレイルを信じていない人に対する考え方、言動
ケムトレイルが有るとか無いとか以前の、
言動の自由とか以前の問題だ。

と、いう事を言ってきたのだが、
以前もらった沢山のコメントを読んでも、
やはり、そういう事を全く理解していない事がわかった。


コメントが書き込まれた他のブログで、
迷惑ですと言う意思を伝えている人の意見に対しての
彼らの返答
を読んでも、
ただ、彼らのやり方が迷惑だ。という単純な内容を、
ケムトレイル批判だ。とすり替えてしまっているか、
無視している事が多い。

自分達のしている事は棚にあげ、
被害妄想をしてしまうのか。 それとも
書き込みの仕方が迷惑だという
こんな簡単な事が理解出来ていないのか

どちらにしても、話にはならない。


*続き*


彼らが書き込みをしているブログ
ケムトレイルというものについての知識や、
科学的な知識のある人と、
コメント欄で意見をやりとりしている事がある

そのやりとりを読んでいても、話になっていないという事を感じる。


彼らの言うことに対しての矛盾を指摘された時
それに対しての答えも、どこかでも読んだ文面
マニュアルに沿って答えているという印象
指摘に対しての答えになっていない事も、しばしば見られる。

自分の中で消化して、柔軟に答えられていないという感じだ。
もしくは、返答をしない

好意的な意見のコメントには返事をしている事を考えると、
コメントをしたブログは読んでいると思うのだが、
批判的や、不都合な事には返事をしない。という事が多い。

まあ返答しないのも自由なのだが。


科学者、天文を研究している人、写真が好きな人、航空関係の人

そういう人たちのブログにもコメントをして、
これは、こうだから違う。という詳しい説明をされていたりしても
自分たちが理解、又は納得できない説明には、
返事をしないか、もしくは、見当違いの返答をしている事が多い。

僕が色んな人のブログを見て、
彼らがきちんと返事が出来ないんじゃないか。 あるいは、
話になっていない。と思った事を、具体的に少し上げてみたいと思う。


以前見つけた、ある人のブログにコピペコメントがされていて
それに対してブログの管理人は、
これはケムトレイルではないと、コメントに返答を返していた。

その後、また違う記事にコメントをされたようで、
ケムトレイルに含まれていると言うアルミニウム粉末について
その人は記事にしたのだ。

それにはこんな事が書いてあった。

アルミニウム粉末は直径10ミクロンの球状より大きいと
短時間で地上に落下してしまうので、雲が広がる様に
空を白くすることはできない。

アルミニウムの微粉末は反応性が激しく、
それだけで粉塵爆発の危険性があることは化学的には常識。

これに水をかけたりすると一大事になる。
アルミニウム粉末が原因の火災で水をかけるのは厳禁。

水蒸気の多い日にアルミニウム粉末を散布するというのは
パイロットは命がいくつあっても足りない。

と書いてあった。

これを信じるならば、
アルミニウムやバリウムを含んだ化学物質を撒いている
という事に対して疑問が出てくる。

それの記事に対して、誰が書いたか分からないが
反論的なコメントが一つあった。

しかし、記事の内容をきちんと理解出来ていないで
論点のすり替えや、ごまかしだ」と言うだけの
反論にもなっていないものだったし、それ以外の反論はなかった。


それから、コピペコメントについて不愉快になった人の中には、
自分のブログで迷惑だと言っている人もいるのだが、
書き込みがコピペという事が、非常に不愉快だと言っている人がいた。

もしケムトレイルを信じていて、その存在を世の中に広めたいと
切に願っているなら、少なくとも自分の言葉で書くべきだ。


と言っている。
これに対しての返答コメントはなかった。


違う名前のHNで、同じ内容が連続コメントされていたブログもあった。
そのブログの方は、こう言っていた。

二方とも同じ文句でびっくりした。 一瞬スパムかと思った。
テンプレかなにかのコピペですか?


この方は、冗談ぽく明るく対応されていたが、これにも返答はない。

自分が書き込もうと思った時に、
すでに拡散のコメントが貼られていたら普通は気がつくだろう

その後に、おなじ文面のコピペを貼るというのは
どういう心境なんだろうか。


最近、ある一人の人が頑張って拡散している様なのだが、
少し前、6月に書き込んだと思われるブログでは、
またですか。」と呆れられていた。

コメントを削除したのに、また書き込まれたらしいのだ。
その人が言っていた概要はこんな感じだ。

いろんなブログを飛び回って、同じ書き込みをして何が楽しいのか。

人様が撮った飛行機雲の写真にケチを付け
「あれは飛行機雲じゃない。」などと、なぜ素直に楽しめないのか。

そのような行為は迷惑以外の何物でもない。

信じるのは自由だが、他人の写真を見て
「それはケムトレイルだ」などと押しつけてはいけない。

ここの空は白っぽくも無い。青空が無くも無い。
だから、あなたの言っていることは間違いだ。

こんな感じだった。

このブログでは、その後に、

そうですね、俄かに信じられる事では有りません。 〜
という2回目に貼る為の、よく見るコピペが貼られていた。

この、そうですね。俄かに信じれる事ではありません。
というコピペだが、この返事が書かれているのを見ると、
ロボットみたいだと感じてしまう。

マニュアルに沿った事しか言えないので、
質問の答えにならなくなってしまうような。

他に答える言葉を知らないのか、
それとも、きちんと答えるのが面倒なのか。

どちらにしても、
真剣に意見を言った人に対して、その返答では
馬鹿にしていると取られても仕方ない



それから、写真が好きだと思われる方のブログでは
お写真を拝見しても、空が白っぽい、粉っぽい感じです。
というコメントに対して、

アップロード時に少々劣化させないと
サイズが収まらないので劣化させた。
元画像は粉っぽさはない。

という返事があった。
これに対しての返事も、もちろん無い


また別のブログでは、
お写真を拝見しても、空が白っぽい、粉っぽい感じです。
というコメントに対し、

オールドカメラなので白っぽく写っているだけ。
というコメントが書かれていた。

トイデジタルカメラの写真を載せているブログ
コメントをしていた時も、同じような事を書かれていた


写真で判断している割に、どういうカメラが、どういう写り方をする
などはどうでもいいようだ。

写真を見てのコメントは、類推だと言っていたが
これでは、類推以前の問題だ

前にも書いたが、同じカメラでも、ちょっとした光の入り具合で、
空が白っぽくなってしまう事などよくあることだ。
携帯カメラやデジカメなんかでは、
空が白飛びして白くなってしまう事はザラにある。

自分たちが見ている所の空が真っ白だからといって、
他もそうだとは限らない。

もし僕だったら、
信念を持って拡散した事に、こんな事を言われたら、
自分が無知だった事を恥ずかしいと思うのだが、
そういう恥ずかしさも感じないのかもしれない。


それと、それが飛行機雲ではないという説明で、
飛行機雲は5秒で消えます。と書いていたり、
自然の飛行機雲なら、写真に撮れる時間はない。
と言っている人もいる。

初めてこれを見た時は、苦笑してしまった。

確かに、すぐに消えてしまう飛行機雲もあるが
すべてがそうではありません。


ついこの前も飛行機雲を見たが
それは、20秒〜30秒ほどで消えていった。

その前に見た物は、2、3分で消えた。
5分くらいかけて消えていく時もある。

そのままの細さで消えて行く時もあれば
太くなって消える時もある。

風の状況によっては線が波打つこともある。


「飛行機雲がすぐに消えると晴れ」
行機雲が立つと雨が近い」(飛行機雲が残ると)
「飛行機雲が消えずに広がると雨」


ということわざもあります。


どうして、写真に撮れる時間はない。などと
言い切れるのかと不思議だが、それはさておいて、


随分いい加減な言動をしていると言いたい所だが、
何故、意見を言う人と話にならないのか。という理由は、
きっと彼らは、そんな細かい事などどうでもいいからなのだろう。


飛行機雲の写真なら、とりあえずコメントを書き込んでいるのだ。

彼らにとって「飛行機雲の写真」は、
情報拡散のツール
にしか過ぎない。

それが自然の飛行機雲であろうが、空が青く写っていようが、
飛行機雲の写真でさえあればいいのだ。
コメントを書きさえすれば、
ケムトレイルという言葉を拡散出来るのだから



町でのビラ撒きに例えたら、こんな感じだろう。

同時に同じビラを違う人から「はい」と渡たされたり、
ちょっと立ち止まってビラを読んでいたら、
ビラを撒いている人たちがわーっと寄ってきて
「これはこういうものです」と口々に情報を話し始められる。

「ビラを読んでおくのでいいです。」とその場を立ち去ろうとしたら
「これは大事な事です。今考えないのはおかしいです。」
と押し付けられる。

「そういうやり方は迷惑です。」と言われても無視する。

ビラに書いてあるものに対しての意見や批判を言ったら
態度がコロっと変わる。

こんな迷惑なビラの撒き方をしたら問題だが、
彼らがやっている情報拡散は、まさにこれだ。


他にもやり方はあるだろうと思うのだが、
思いつかないのだろうか?
それとも、このやり方がベストだと思っているのだろうか?


ブログへの書き込みや、やりとりの一部を書いてきたが
いくら、こういう事を誰が言っても、
コメントを受け取る側の気持ちなど、一切分かっていない。
というか、聞く耳など持っていない事が分かるだろう。


本当に迷惑な話ですが、そんな状態なので、
コメントが迷惑だと感じて消去しても
また同じコメントを書き込まれる事もある。


特に、
空の写真をよく載せる方は、
飛行機雲の写真を載せる度に、コメントを書き込まれる事もある。

書き込まれた方は、やはり、
こういった書き込みは迷惑だはっきり言うか
ブログの機能で拒否するなど、対策した方が良さそうです。



最後に、
僕が言いたい事は、前回と今回の記事でほとんど書いたと思うし、
彼らの事を伝えるのに、そんなに沢山の記事は必要ないだろうと思う。

そこで、とりあえず今回で
記事のアップは一旦終わりにしようと思っています。

書きたいと思うことが出来たら、また書きますけれどね。


コメントは、頂けば分かるようになっていますので
被害報告や、コメントは、いつでも書き込んで下さって大丈夫です。



今日はここまで。


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのコメント
はじめまして。

今日、まさにその「お写真を拝見しても、
空が白っぽい、粉っぽい感じです。」というカキコミがありました。
始めて知ったことにビックリして色々検索していましたら
ここにたどり着きました。

ホッとしました。

気が楽になって助かりました。
ありがとうございました。
ヨーコ at 2010年10月02日 23:39 [edit]
*ヨーコさん

お返事が遅くなりすみません。
コメント読ませて頂きました。

突然コメントが来たときのビックリする感覚は
ぼくもそうでしたので分かります。

一体何だろうと思えば、やはり色々検索しますよね。

僕も最初に色々検索しましたが、
ケムトレイルについての情報は沢山ありましたが、
このコメントに関する事の情報が少なかったので
こういったブログを作ろうと思いました。

気が楽になって頂けたのなら良かったです。


kuu at 2010年10月16日 18:02 [edit]
はじめまして。

先日、私のブログにケムトレイルについての書き込みがあり、
知らない言葉だったので検索。こちらに辿り着きました。
私にとっては全く信じられない話だったですが、コメントを書き込まれた他の方々の好意的な対応(返答)に驚きました。
すっと信じられない私が性格曲がっているのか、
それとも皆様が大人対応しているのか???
(私はカチンときてコメントを削除してしまいました。)

もしケムトレイルの話が真実だとすると その目的がわからない。
嘘だとすると コメントをコピペしている方の目的が分からない。
一体なんなのか、もやもやしています。
さっちん at 2010年10月25日 10:55 [edit]
*さっちんさん

コメントありがとうございます。

>コメントを書き込んだ他の方の好意的な対応。

コメントをどう受け取るかも人それぞれなので、
なんとも言えませんが、
さっちんさんご自身がカチンと来たのは
別におかしいことではないですよ。

記事にも書きましたが、コメントに対して
嫌な気持ちをしている人もかなりいますからね。

一体何なのか、もやもやしますよね。
でも、気にしないでいいと思いますよ。

またコメントが来たら削除すればいいと思いますし、
書き込まれたくなければ、拒否すればいいと思います。

kuu at 2010年10月26日 01:48 [edit]
理性を感じる文章の記載されているブログは拝見していて好ましく、ネットの中のオアシスのように感じます
徐耽資 at 2010年12月20日 17:15 [edit]
*徐耽資さん

素敵な言葉をありがとうございます。
励みになります。

コメントありがとうございました。



kuu at 2010年12月20日 18:42 [edit]
初めまして、

先日、友人の所でこの書き込みがあり

心配で検索してこのブログへたどり着きました。

本当に 私も安心しました。

ありがとうございました。
ダーダーさん at 2011年02月10日 09:05 [edit]
*ダーダーさん

お友達の所に書き込みがあったんですね。
安心していただけたなら良かったです。

色んな所に書き込まれているコメントですので
興味がないのでしたら、気にしなくていいと思いますよ。

ブログを拝見させてもらいました。
ちょっとしか見ていませんが、
素敵な写真がいっぱいで、僕も写真が好きなので、
とても興味深かったです。
またゆっくり訪問させてもらおうと思います。

コメントありがとうございました。
kuu at 2011年02月11日 06:10 [edit]
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。